コルゲートサイロ残量監視システム

コルゲートサイロ残量監視システム(生コン工場様、製品工場様)

悩 み
悩み

生コン工場様 製品工場様 

骨材サイロの残量を正確に把握したい…

骨材サイロ残量を確認するために、サイロ上部に登って目視確認しなくてはならない。

目視では、骨材の表面が平らでないため正確な残量が判らない。

確認作業に時間がかかる上に、悪天候では転落事故の危険が伴う。



解 決
解決

確認作業に目視は不要! 危険な作業も完全廃止!

骨材搬入の都度にサイロを昇降して確認する必要がなくなります。

サイロの骨材残量は2次元センサーが正確に計測します。

高所での危険作業をなくし、安全で正確な管理を実現します。

Before

骨材をダンプで搬入のたびに、ドライバーがサイロに登って、内部を目視確認していた。

サイロ内部は暗く、また骨材の表面も平らでないため、残量の見間違いをすることも。

サイロ昇降の時間と労力も非効率的で、高所への移動が転落事故の危険を伴う作業になっている。

After

各骨材サイロの上部に取り付けた2次元センサーが、内部の隆起・陥没した骨材表面を自動計測し、正確な残量をグラフィック+数値(ton)で表示します。

工場の管理者は事務所にいながら、リアルタイムで残量が判ります。
また、屋外モニターにより、骨材受入れ地点でも同じ画面で確認ができます。

骨材搬入のドライバーが、サイロに登って〜目視して〜下りて来てから、という一連の作業が不要です。

<2次元センサーの特長>
 1.表面の凹凸を2次元で計測。
 2.最大測定距離30m、測定範囲角190度。
 3.骨材投入時の粉塵による測定精度への影響なし。
 4.センサーはヒーター自動動作機能搭載。
  冬季の外気温による測定精度への影響なし。
 5.電源自動ON機能で工場稼働時間外の骨材投入に
  よる計測ならびに残量監視が可能。
 6.銘柄名称・識色はお客様による変更自由。
  サイロ残量の目盛り(ton)は、ダンプ1台分や全体量の
  分割など、カスタム対応可能。

2次元センサー本体(計測イメージ)

システムメイン画面:パソコン

システムメイン画面:屋外モニター

この事例に関連する製品

課題解決事例一覧に戻る

お問い合わせはこちらから

06-6300-2121 電話アイコン06-6300-2121

8:30〜17:30(土日祝日定休)

お問い合わせ