生コン製造現場のお困りごとをまるごと解決!

課題解決事例

製造要求システム(製品工場様)

悩 み
悩み

配合種類、量目を間違えて製造してしまう

複数ラインの製造要求が一時に集中して、計量操作盤オペレータが配合や㎥を間違える製造が度々発生。
配合の間違いでは型枠種類の入れ替えが生じて打設作業が停滞し、生産効率が低下。
状況によっては製造した生コンを廃棄する。

解 決
解決

配合・㎥の設定ミスによる誤製造を防止

二次製品工場では、製品ごとに使用する生コンの種類が変わるため、生コン工場よりも製造ロットが小さく、配合種類が細分化された製造作業になる傾向があります。

複数の製品ラインから製造要求が集中してしまうと、インターホンでの聞き取り違いや、メモ書き間違いなどのヒューマンエラーがミスバッチを誘発します。

製造要求を自動化しましょう !
配合・㎥の設定ミスによる誤製造を無くし、生産ラインの停滞を防止することができます。

詳しくはこちら

養生温度制御システム、自動化(製品工場様)

悩 み
悩み

養生にかかる作業と管理の属人化を解消したい

経験を必要とする蒸気バルブの手動開閉操作を解消したい。

製品JIS規格に沿った養生コントロールと管理記録が必要。

工場ごとに生産実績データの管理者が必要、記録紙の保存も手間。

解 決
解決

養生コントロールと製造記録の自動化を同時に実現

PID制御(予測制御)でコンクリート養生を自動化・無人化します。

温度センサーで電磁バルブを制御し、養生温度の管理記録を保存。
記録保存方法は3タイプから選べます。

各工場の生産実績データをクラウドに集約して、一元管理ができます。

詳しくはこちら

貯蔵ビン残量表示タブレット(生コン工場様、製品工場様)

悩 み
悩み

骨材貯蔵ビンの満空状態がわからない

出荷が忙しい時に、骨材投入のオペレータが次回以降に要求される骨材種類がわからず
ヤードでの待機時間が無駄。
また、骨材種類や投入回数を予測して準備しても、予測違いで準備していた骨材をストック
ヤードに戻すことが多々ある。

解 決
解決

輸送盤の満空情報をホイールローダー内で共有!

操作室の骨材輸送画面をそのまま受信するタブレットはホイールローダーに乗車したまま、すべての貯蔵ビンの満空状態を画面でリアルタイムに確認することが出来ます。

詳しくはこちら

課題解決事例一覧を見る

サービス

私たちについて

お問合せはこちらから

06-6300-2121

お問い合わせはこちらから

06-6300-2121 電話アイコン06-6300-2121

8:30〜17:30(土日祝日定休)

お問い合わせ