製造要求システム

製造要求システム(製品工場様)

悩 み
悩み

二次製品工場様

配合種類、量目を間違えて製造してしまう

複数ラインの製造要求が一時に集中して、計量操作盤オペレータが配合や㎥を間違える製造が度々発生。
配合の間違いでは型枠種類の入れ替えが生じて打設作業が停滞し、生産効率が低下。
状況によっては製造した生コンを廃棄する。

解 決
解決

配合・㎥の設定ミスによる誤製造を防止

二次製品工場では、製品ごとに使用する生コンの種類が変わるため、生コン工場よりも製造ロットが小さく、配合種類が細分化された製造作業になる傾向があります。

複数の製品ラインから製造要求が集中してしまうと、インターホンでの聞き取り違いや、メモ書き間違いなどのヒューマンエラーがミスバッチを誘発します。

製造要求を自動化しましょう !
配合・㎥の設定ミスによる誤製造を無くし、生産ラインの停滞を防止することができます。

Before

製品ラインの製造要求をインターホンで受けて、製品種類に応じた生コンを製造している。
複数ラインの要求が一時に集中すると、配合種類、量目を間違えて製造し、ラインへ搬送してしまうことがある。
ミスバッチ処理で型枠打設作業が停滞し、生産効率が低下する。

製品ライン作業(イメージ)

After

製造要求システムは、製品ラインごとの製造要求を計量操作盤に自動送信することで、製造オペレータの手作業による設定ミスを防止します。

ラインごとに使用する生コン種類を「ライン要求盤」に登録し、担当者がバッチ/m3を入力して要求ボタンを押すと「製造要求盤」が各ラインからの要求を受付順に表示し、計量操作盤に製造指示を自動送信します。

生コン配送順番は各ラインのパトライト、あるいはランプに表示し、各々のラインは作業開始のタイミングが判ります。

また、スランプ管理システムの連動で、目標スランプでの生コン製造を実現し、さらに、トロリー制御との連動で搬送を含む製造のオール自動化ができます。

要求制御盤(ライン要求受付、表示)

ライン要求盤(配合番号・バッチ/m3送信)

この事例に関連する製品

課題解決事例一覧に戻る

お問合せはこちらから

06-6300-2121

お問い合わせはこちらから

06-6300-2121 電話アイコン06-6300-2121

8:30〜17:30(土日祝日定休)

お問い合わせ