出荷管理システム、帰着管理システム、大型車番表示

【ここに役立つ!】生コン誤納入防止・自動化

悩 み
悩み

生コン工場様

誤積載・誤納入防止したいが、帰着車両の管理が煩雑

出荷予定を変更する際、誤積載による誤納入や過積みなどのトラブルが発生している。

帰着車両の運用順番を間違えて、生コン車のオペレータとトラブルになった。

傭車を依頼したのに、慣れない車両とオペレーターでは効率的に運用しにくい。

解 決
解決

出荷管理から納入まで、一気通貫の作業を実現します

繁忙時に起きがちな、誤積載や誤納入といった担当者間のヒューマンエラーを自動化・見える化で防止します。

車両にRFIDタグを取り付けることにより、在車状況や、出発/帰着の時刻が一目でわかります。

出荷管理装置と大型車番表示器と連動すれば、入力されたデータから自動で車番を表示。
急な割込み出荷にも対応できます。

また、一車積込容積やJIS規格の表記範囲を設定すると、自動チェック機能が稼働して誤納を防止します。

Before

工場内に待機している生コン車の台数が事務所からは把握しずらく、帰着順に整列してはいるが、かげになった生コン車の車番も見えない。

出荷の際に積込む車両の指示を間違えて、納入先に配合違いの生コンを搬送してしまった。

繁忙時の対応で庸車を依頼したが、慣れない場内やオペレーターとの行き違いが生じ、効率的な運用とは程遠い。
ドライバー同士で、運搬の順番をめぐってのトラブルも発生してしまった。

After

生コンの受注から納入までを一気通貫の作業にして、すべてを見える化・自動化しましょう!

出荷管理システムと各システムを連動させれば、受注から納入までのデータ入力は1回のみ。
急な「割り込み出荷」にも簡単に対応可能です。

一車積込容積やJIS規格の表記範囲を設定後、自動チェック機能にて誤納を防止します。


車両にはRFIDタグを取り付けて、リーダーを設置する事で場内の車両状況が把握できます。

読み取ったデータは、システムで車両毎の出発/帰着時刻の管理をすることが可能。
効率のよい車両運用ができ、オペレーターの労務管理向上にも貢献します。


出荷時にはデータを大型車番表示器へ表示させて、誤積載・誤納入も防止します。
庸車のオペレーターも視認情報があれば安心して積載・配送ができて効率もアップします。

出荷管理システム H-SV

帰着車両管理システム H-RV

大型車番表示 H-CLI

この事例に関連する製品

課題解決事例一覧に戻る

お問合せはこちらから

06-6300-2121

お問い合わせはこちらから

06-6300-2121 電話アイコン06-6300-2121

8:30〜17:30(土日祝日定休)

お問い合わせ